記事内の検索はこちらから

プロフィール

ひまP ( ひまぽん )

Author:ひまP ( ひまぽん )
おやじゲーマーサイトの管理人
妻子同居で自由は利かないが
限られた時間で、
有余る情熱をゲームにそそぐ
Twitter登録も、いまいち使い方が・・
http://twitter.com/Himapon_P
でも、よろしくです。

xbox360版アイドルマスターがお気に入り
アイマス2ももちろんGET!ただいま奮闘中!!

コンピュータグラフィクスの話題は、比較的真面目な
姉妹サイト「気まぐれ人」もよろしくです。

おやじTwitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ニコニコ


懐かしい投稿動画


・投稿後、いろいろミスに気がついたが後の祭り・・いつもこうだ。。

自分が覚醒しそうです


先週から星井美希のシナリオが裏ルートシナリオに切り替わり、そのままエンディングへ。

普段のレッスンやオーディションでは違いがあまり?わからないので、なるべくコミュニケーションがとれる営業(コミュ)を行っていきたいのですが、最後はAランクアイドルとして終わらせてあげたいので、微妙にストレスが・・。
Cランクのコミュから美希の仕事への頑張りが見えてきました。がんばる姿ってのはいいですね。
それから仕事をうまく利用してプロデューサに急接近する場面も多く、やりとりには神経つかうかもw

めでたくBランクにあがったところで、とうとう美希がプッチン。
もう耐えられないから”プロデューサー”という担当名で呼びたくないと、
ためしに「papa」にしてみたんだけど、これが一番危ないきがするw 結局ハニーと呼ばれる事となり、今後はハニーとして生きていく事にw
しっかりとプロデュースを行いつつ、美希の希望も受け入れていく。うん、並の男にはなかなかできる事じゃないよね。

それからいつごろだったか髪型について聞かれた。短いの好き?
どっちも好きって、いいたいところだが現在の髪型は長いので、短いのも好きと・・・
しばらくして、ショートヘアーの美希があらわれハニーはびっくり、おれもびっくりw
スゲーかわ(ry)
脳裏に某リフォーム番組のナレーションが響きわたる。
ぜんぜん雰囲気が変わってしまった。
コミュでもいっそうエスカレート、こりゃぁプロ・・じゃなかった、ハニーはたじたじ。かなり押されているでもなんとか仕事もこなしていく。

コミュをいっぱいやりたい衝動を抑えつつ、Aランクへ到達し(ぎりぎりw)、ここはお決まりの解散コンサート。
もちろんドームです。
と、ここで事件が起きてしまう。

しらない人向けに書きませんが、いやぁ、これはリアルでやられたら胃に穴が開いてこっちが入院ですよまじで・・・

そんな問題を抱えたまま悲しいラストライブ。
コンサート終了後、春香・・いえ春香さんは気を利かしたセリフと共に去り・・・・。
美希とハニーは二人きりに。
ハニーは美希の希望を仕事でもプライベートでも叶えてやれたのでしょうか。









エンディングは幸せいっぱいですね。
美希ファンが多いのもうなづけます。ほんとこっちが覚醒しちゃいますよ。どうしよう(笑)
気がつけば何十GBに及ぶキャプチャーデータ。
しかしここからの画像はアップしないでおきます。しないほうがいいですよね?


感想として、このシナリオ、恋愛?シナリオとしてはそんなに目新しい展開があるわけでもないと思う。いろいろな小説やドラマでもきっと使いやすい展開かと思う。
が、なんか違う。アイドルとプロデューサー(プレイヤー)を客観的にプレイしているのではなく、一人称視点でだからなのだろうか。
それから美希を1回以上プロデュースした後でないと、このシナリオはどうやっても発生しない。
1回目の表シナリオでの美希のインパクトはかなり強いと思う。そのイメージが2回目以降で表から裏シナリオに変化する(させる)様子はかなりいい。
Bランク以降は正直言って、最近は言わない?が、ようするに他所から見たらバカップル並みなことをしている。
落着くまでみんなバカップルを経験するかどうかはわからないが、あー、あるある・・・という箇所がいくつもある。あー恥ずかしいw

それがこの世界では売れっ子アイドルとの間で起こっている。その売れっ子アイドルはアイドル本人の努力とプロデューサの熱い情熱の結晶だ。その成果に何十万というファンが期待を寄せている。
という状況を想像すると、優越感と罪悪感を同時に味わう事となるハニーには頭が下がるばかりだ。
凡人なら優越感ばかりに浸ってしまっておそらく墓穴を掘って美希を不幸せにしてしまうだろう。
ハニーなら平気っぽいけど、念のため夜道の背後と交通には気をつけてほしい。
そして末永くお幸せに・・・・・俺がなりたい!あああ、つい本音がw

さてまだ見てない覚醒コミュを体験しにリプレイ。
こんな事もあろうかと、microSDカードにセーブデータを保管できるユニットを用意しておいて、
パソコンにセーブデータをバックアップしておいた・・・・駄目駄目覚醒おやじ。
いったいどんなツラしてコミュしているのか・・・鏡でも目の前において自重したほうがいいのかしらw

覚醒美希を楽しみつつ、千早。
千早をソロでプロデュースしたいと思います。
抜群の歌唱力を持つ彼女だが、うわさによると難易度が高いとか。なんだろう、容姿端麗だと思うし、、
マニュアルのプロフィールには・・・む・・・・72 え、コンプレッ(ry
いやいや、いったいどういうことなのか。





・ネタバレと妄想と自分の妄想から自分を知る的内容なので伏せ・
バカップル行動ではもちろんハニーは他人に見られてはないか?知られたら大変なことに・・といつも気にしているが、美希はちょっとくらいしか注意していない様子。
このあたりのアイドルプロ根性は欠落して見えるものの、そもそもアイドル、中でもトップアイドルになるというのは美希よりもハニーの仕事上での都合と責任が主だった理由で、美希はハニーが喜ぶならという理由が主だったものなのかもしれない。
展開を見ていると、美希・・もうしわけない・・・と思われる部分がいくつかあるが、後半からはあきらかに美希の恋心を理解して利用しているハニー。
プロデュース業として目をつぶるしかない、たぶんハニーが一番つらいという場面と思える。

語弊があるかもしれないが、ハニーは自分が”餌”となることを理解し美希と一定の距離を置いて接する事で見事美希をトップアイドルにする。まぁ、距離については法的な問題もあるのだが・・、古典的な表現でいえば、馬の前に人参ぶら下げる。みたいな。
ランクアップイベントで美希がもう「中途半端はイヤ」という希望を実現する手助けにも必要な事なのかもしれない。

おそらく美希はプロデューサーに男性とプラスして厳しい父親像や教師を重ねている風に見える。
それは、とあるコミュでの話で生い立ち設定が一部表現されていた。どうやら両親があまあまで、美希はかなりあまやかされて育てられた様子。「できないものは無理してやらなくていいよ・・」と。
親次第だが、そう言いたくなる時も多くある。
このおやじゲーマーもそうかもしれない。気をつけなければ。
その甘やかされて育てられた事を美希本人は気がつくことがあり、幼少期に後悔の念を少し抱いているくだりがある。ハニーといえば、あまあまってことはなく、やさしくも厳しく接する場面も少なくないところを見えれば、そんな風に美希がハニーをみてもおかしくはない。

それにしてもこれは相当な覚悟はないとできない行動ではないだろうか。相手は人間、女性アイドル、既にハニーにラブダク(汁だくのラブバージョンらしいw)。
最後に人参もぎ取って「あげなーい」なんて言ったら刺されますよ。
しかしそんなことはしなかった。ちなみに全部ではないが、別の成功エンディングも見た。基本的に成功の場合は美希と共に人生を歩むといった様子。そんな締め方をしている。

だれか小説つくってください。w

なんにしても、芸能だけでなく人を育てる立場の人間というのは偉いなと感じる。
ああ、このおやじゲーマーはまだ半人前ですから・・子供に育てられてますよ、ええ。

スポンサーサイト